apache

2.2 -> 2.4とかマジ今更なんだけど、rotatelogs くんがフルパスじゃないとログも吐かずに上がらない件、オコ案件なんですけど、 なんかチェックする方法あるんですかね。SyntaxもOKだし、ErrorlLogのほうはちゃんと出すくせにCustomLogの方は出ないという。 あれですかね。apache力試されてる案件ですかね。

あとansibleの可愛さがだんだん身にしみてきた。ハンドラちゃん上がるわ-。

AWSについて

EC2の750時間って、全体でなのか。。 インスタンス3つもあげちゃったじゃん、、 せっかくEIPほっとくと課金されることわかってなんとか止めたのに、、

とりあえずそっと1台終了させた。

ってか1台しかあげられないんじゃなんの検証もできないじゃんね。 無料期間もっと短くてもいいからせめて2台分にするか、短くて全機能無課金パターンとかほしいなって思ったけど 悪さする人増えるだろうし、頭いい人が考えた現実的なラインなんだろうね。

今日からは基本落としとこ。使ってないとき落とそう。。

そしてやはりローカルでDockerプロビジョニング環境が最強ということだなー。 自由にに使えるオンプレのパブクラ環境っつても、課金されないだけで会社とかにお金かかってるからなぁ。

namedについて

bindは脆弱性多いので早々に撤退した身としては、 あんまりきちんと触ったことなかったけどいろいろ聞かれそうなので触ってみた。

とりあえず、WSL2 + Docker desktop上ではなぜか起動しない。 AWSだとyum install して直後にとりあえず起動するので、ネットワーク的な問題だと思うのだがいまいちそのへんの制約が良くわかってない。 とりあえずDocker側のPORT云々は開けてもだめだった。

named.confの文句

あたしの拙い英語力ではloggingがdynamicは全部吐くんじゃないかい、、っぽい書きに見えた。 ということでそのままだとQuery吐かない。もう少し丁寧に書いてほしい(あったらごめんね。)

rndc statsの文句

手動実行のくせに追記はどうなの、、、

lsyncd

金をかけずに冗長化(風に)するための施策として、 Rsyncdとlsyncdを使ったリアルタイム同期をお客さんあてに実践してるっぽく、 そういえば触ったことないなと思ったので自分の環境で試してみた。 (そのとおりです。これば冗長化じゃなくて相互バックアップですね。R)

OS:centos7

rsyncd lsyncd
container1 container:2
openport:873

普通にRsyncとCronとか使ってバックアップ取るよりも全然簡単だなと思った。 (検証環境だからスクラッチできるからなんとでもできるし、リアルタイムにバックアップが動いても問題ない 環境だからであって、本番だと不可とか、ネットワークがどうとか制約云々なんだけども) 双方向って言ってた気がするから、それもやってみる。

-> 単純に逆の設定するだけで問題なく動いた。

ということで多分ポート開けは無駄だった。privilageくらいかな。

WSL2続き

Dockerコマンド使った回避方法をそのままやることで普通にsystemd動いた。

ついでにAnsibleの開発環境として Remote-WSLを使ってみたがこれまた調子いい。

 キモ
     privileged: yes
     command: /sbin/init

それと、今までAnsible触ってたけど正直あんまりよくわかってなかったなーと。 やっぱり自分で環境作ったり、なんでもそうだけど  ここに使いたい みたいなのないと やっぱり理解深まらないなーと思った。

ちなみに、なんでもレシピ用語と思ってたけど、 レシピはシェフなのね、、、、ちゃんと言い分けよ、、、

WSL2続き

Dockerコマンド使った回避方法をそのままやることで普通にsystemd動いた。

ついでにAnsibleの開発環境として Remote-WSLを使ってみたがこれまた調子いい。

 キモ
     privileged: yes
     command: /sbin/init

それと、今までAnsible触ってたけど正直あんまりよくわかってなかったなーと。 やっぱり自分で環境作ったり、なんでもそうだけど  ここに使いたい みたいなのないと やっぱり理解深まらないなーと思った。